書籍案内

TOP > 書籍案内
  1. 総合資料集
  2. ▼ 文法
  3. ▼ 漢字
  4. 古文単語帳
  5. 表現・実践書
  6. 文学史
  7. 小倉百人一首
  8. ▼ 休暇課題
  9. 現代文問題集
  10. 古典問題集
  11. センター試験対策
  12. 新国語問題集
  13. ▼ その他

図書目録
»2017年版
»2016年版

»検定教科書紹介

表現・実践書

テスト式 国語常識の総演習チェック 高校国語の基本力必携新国語常識基礎からの国語表現の実践「コラムと論説」演習ノート
12回のレッスンで国語常識を段階的に身につける
テスト式 国語常識の総演習

テスト式 国語常識の総演習 修訂三版
題作くん

■編集協力/岸健治
■B5判/100頁
■別冊解答解説書付
■定価 530円+税
  • 国語常識を4つのジャンルに分け、それぞれ見開きで構成。
  • ―「漢字の読み」「漢字の書き取り」「ことば」「文章表現・韻文・文学史・文法」に分類。
    ―それぞれの回の見開きは、5〜8題の形式が異なる問題で構成。その回の狙いを多角的に学習できます。
    ―計8ページで1回のレッスンになっています。

  • 第1〜12回にかけて、難易度が上がるように配置しています。

  • 漢字の回では、長文における読み取り・書き取りを出題。
  • ―作品としての興味も持って学習できます。

  • これ1冊で、就職試験や入試に必要な国語常識が総合的に確認できます。

  • テスト作成CD「てす太くん」対応。「付録データ」に以下を収録。
  • ―自作テスト用原文データ(Excel、Word、テキスト)

ページ上部へ

高校国語の基本力をチェック
チェック 高校国語の基本力

チェック 高校国語の基本力
題作くん

■編集制作部編
■B5判/56頁
■コピー用復習テスト完備(全三回)
■定価 429円+税
  • 「漢字」「ことば・国語常識」「表現」の中学校までの復習と、高校国語での常識を学びます。

  • レイアウトを工夫しました。
  • ―上段で基本事項・重要事項を確認し、下段ですぐ練習に取り組めます。

  • ステップ1〜3で段階的に学べる構成です。

  • 巻末に「解答解説編」を設けました。答え合わせがその場でできます。

  • 表紙の裏に「基本力チェックレーダーチャート」を載せました。
  • ―自己得点を書き入れることで、どの分野の得点が低いか一目でわかります。
    ―苦手意識を克服できます。

  • テスト作成CD「てす太くん」対応。「付録データ」に以下を収録。
  • ―自作テスト用原文データ(Excel、テキスト)

ページ上部へ

国語の常識と基本知識を学ぶ
必携新国語常識

必携新国語常識 新訂版

■編集協力/笠目蔦男、船田敦弘
■B5判/96頁
■復習テスト完備(5回分)
■定価 467円+税
  • 入社試験・社会生活で必要な知識を3部立てで構成。
  • ―「漢字編」「ことば編」「作文・面接編」に分けました。
  • 作文・面接編では「実用性」を重視しました。
  • ―基本的な履歴書の書き方から、面接の実際を紙面で再現。
    ―試問事項と返答例を挙げ、「面接試験」を実際に感じられるよう工夫しました。
  • 学習事項を一覧にしたものを中心とし、随所に「整理問題」のページを設けました。

ページ上部へ

作文の初歩から手を使って学ぶ
基礎からの国語表現の実践

基礎からの国語表現の実践 改訂版

■編者/樺島忠夫、佐竹秀雄
■B5判/64頁
■別記教授資料完備
■解答解説付
■コピー用テスト完備
■定価 480円+税
  • 第Ⅰ部「文章の基礎」
  • 送り仮名・句読点・同音異義語などの正しい表記や、敬語・文体の統一・比喩などの表現を学びます。
  • 第Ⅱ部「文章表現の実践」
  • 段落の分け方や構想表の作り方など文章の構成を学んだ後、感想文や手紙文、課題作文を書く実践を行います。

ページ上部へ

小論文課題の前に必ずやらせておきたい……
新聞で力をつける 「コラムと論説」演習ノート 第1集

新聞で力をつける 「コラムと論説」演習ノート 第5集 新版

■編者/岡崎匠吾、平居謙
■A4判/32頁
■別冊解説書付
■定価 420円+税
  • 長年にわたり愛された「コラム演習ノート」「新聞論説演習ノート」がさらに使いやすく生まれかわりました。

  • 新聞のコラムや社説を通して文章の基礎を学びます。
  • ―新聞から「学ぶ」ことで、社会の一員であるという自覚を持てます。
    ―社会情勢などについて、考える力や文章の基本をにつけます。
    ―1つの記事を題材に、言葉を知ることから始めます。次に全文の構成をとらえ、それをもとに要旨をまとめることで、文章の理解と表現の基礎が学べます。

  • 段階の要点をつなげて文章を完成させる作業の重要性を学習できます。

  • 易から難への段階的な作業で無理なく学習が進められます。
  • ―最初は文章の穴埋めからスタート。回を追うごとに、「自ら考えて書く」部分が増えていきます。

ページ上部へ