日本書籍出版協会 京都支部

第12回 文化講演会

講演会内容

源氏物語の魅力を探る 〜古典文学を学ぼう〜

 古典文学の世界をどのように楽しみ、どのように読むか。古典文学の雅の中にある日本文化をどのように伝えていくか。さらには、絵巻物や写本などの素晴らしさから、活字(紙媒体)の必要性にも触れていただければと思います。
パンフレットのダウンロード
ダウンロード

第一部 源氏物語の魅力を探る

話者:三田村 雅子

第二部 古典の素晴らしさをどのように継承するか

話者:三田村雅子・吉海直人・佐藤弘樹

話者プロフィール

三田村雅子

フェリス女学院大学名誉教授

吉海直人

国文学者・同志社女子大学教授
1953年長崎県生まれ。國學院大學大学院修了。博士(文学)。
現在、同志社女子大学表象文化学部教授、公益財団法人小倉百人一首文化財団理事(時雨殿館長)。専門は源氏物語・百人一首を中心とした平安朝文学。著書に『平安朝の乳母達』(世界思想社)、『「垣間見」る源氏物語』(笠間書院)、『百人一首で読み解く平安時代』(角川選書)、『だれも知らなかった百人一首』(ちくま文庫)などがある。

佐藤弘樹

ラジオパーソナリティー
札幌生まれ。大学卒業後、在ケニヤ大使館に派遣員として勤務。
帰国後、予備校などで英語講師、京都外国語大学講師を務める。その傍ら、1991年7月の開局からα-STATIONのパーソナリティーとして活躍、1993年10月から朝のワイドプログラム「α-MORNING KYOTO」を担当。今や「京都の朝の顔」とまでいわれるくらいに、その低音の魅力は、幅広い層に認知され支持を得ている。また、日本ペンクラブ正会員で、著書に『英語+α ヨコ文字信仰タテ社会』(光村推古書院)などがある。

会場案内

開催日2015.11/21(土)
時間14:00〜16:30
(受付開始 13:00)
場所京都府商工会議所講堂(地下鉄烏丸線丸太町駅南⑥番出口から直通)
定員400名(先着順に座席を用意しております。)

申し込みについて

申し込みはFAXか下記のエントリーフォームからお願いいたします。

FAX用申し込み用紙のダウンロード
ダウンロード

エントリーフォーム
エントリー