書籍案内

TOP > 書籍案内 > 入試雑感
  1. 総合資料集
  2. ▼ 文法
  3. ▼ 漢字
  4. 古文単語帳
  5. 表現・実践書
  6. 文学史
  7. 小倉百人一首
  8. ▼ 休暇課題
  9. 現代文問題集
  10. 古典問題集
  11. 共通テスト対策
  12. 新国語問題集
  13. ▼ その他

図書目録
»2020年版
»2019年版

»検定教科書紹介

平成31年度 入試雑感

新国語問題集編集委員による、平成31年度の入試傾向分析です。
第50集の解説書巻末に掲載しています。
過去の入試雑感はこちら

クリックで画像拡大
入試雑感

※以下は、入試雑感の内容を弊社編集部員が簡潔にまとめ、コメントしたものです。
【現代文】小説
  • テーマとして、喪失とそれを取り戻すことが主題であるような作品が多かった。
  • 12 『海の庭』山田詠美(広島大):
    中年になって初恋をもう一度やり直そうとする母親とその幼馴染みの二人を主人公の娘が少しずつ理解していく場面。
    13 『断層』堀田善衞(金沢大):
    戦中の日本の環境の中である意味甘やかされた知識人が戦後の中国で中国知識人たちの厳しさに触れ、自分の失ったものを取り戻そうとする小説。
    15 『ヌガー』是枝裕和(東京大):
    筆者自身の幼い時の迷い子の経験から成長とは何かを述べたエッセイ。
  • 共通テストを意識した出題が見られた。
  • 大岡信と谷川俊太郎との対談16『詩の誕生』(京都大):
    主題は詩の本質は消滅することであり、詩における死とはどういうことなのかを対話。
【現代文】評論
  • 既存の概念・学問の領域や境界を超えて、新たなつながりや統合を志向することの重要性を扱った文章が多く出題された。
  • 「科学」や「人間」と、「非科学」や「自然」とのつながりの重要性を指摘する文章
  • 9 『文学のなかの科学 なぜ飛行機は「僕」の頭の上を通ったのか』千葉俊二(北海道大)・
    24 『科学思想史の哲学』金森修(京都大):
    思考の先駆者である寺田寅彦の思考の先見性について
    25 『科学と非科学のはざまで』中屋敷均(東京大):
    科学と非科学の間で新たなものを生み出す人間の知性について
    22 『音・時・言葉』岩田慶治(東北大):
    言葉によって形成される人間世界と、音以前の野生の世界をつなぐことの重要性について
    19 『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』奥野克巳(名古屋大):
    「贈与」によって「自己」と「他者」の境界が無化されるということについて
  • 人間の知性のあり方を問う文章
  • 18 『食べることの哲学』檜垣立哉(神戸大):
    アンパンマンの話題から、現代の臓器移植やiPS細胞といった今後の医療のあり方について検討
    20 『日本語が亡びるとき』水村美苗(大阪大):
    「普遍語」の役割と、「口語俗語」から成立した各国語について考察
    23 『〈私〉の存在の比類なさ』永井均(九州大):
    「他者」とは何かについて徹底的に論理的に考究

  • 現代社会の問題点に関わる文章
  • 4 『反貧困』湯浅誠(千葉大):
    貧困論
    5 『「安くておいしい国」の限界』小熊英二(山梨大):
    外国人観光客と留学生の増加から「安くておいしい国」(=日本)の明暗の二面を考察
    21 『ケータイ化する日本語』佐藤健二(筑波大):
    電話についてのメディア論
    *最近の傾向としては、〈感性や情〉を重視するが、あくまでも〈知性や理性〉の重要性を踏まえた上での議論が多く見られる。
    17 『権力の読みかた 状況と理論』萱野稔人(香川大):
    ポピュリズム運動の構造について分析したもの
【古典】古文
  • 読みやすい文章が多く出題されている。
  • →平易な文章を読ませ、基本的な読解力と、内容をまとめる記述力を測るものがほとんど。
  • 出題ジャンルは説話が多い。
  • 14『今昔物語集』(神戸大)、7『宇治拾遺物語』(宮城教育大)、『発心集』、11『古今著聞集』(筑波大)、『古本説話集』、『沙石集』、『十訓抄』など
    *12『源氏物語』は、例年通り出題が多い。
【古典】漢文
  • 本文の分量は昨年通り。内容の易化、ジャンルや出題方法など各大学の傾向も大きい変化はない。
  • 出題については、語句の読み・意味や句法・用法の知識が基本。問われる句法・用法は、反語が多く、再読文字や使役、受身、限定も出題。また、本文につけられている読みや送りがなもヒントになる。
  • 記述の分量は例年通り。傍線部の説明を求める問題であっても、本文全体の内容をつかめているかどうかが問われるようになっている。
  • ジャンルは、随筆・評論、説話的文章・小説、思想、歴史的文章、詩、言行録から出題。
  • 〈随筆・評論〉
    『蔵書閣記』(東北大)、『独醒雑志序』(大阪大)、23『黄生借書説』(名古屋大):書物に関する文章。その他に22『明夷待訪録』(東京大)など
    〈説話的文章・小説〉
    18『夷堅志』(北海道大)19『聊斎志異』(九州大)など
    〈思想〉
    『荘子』(お茶の水大、山梨大、滋賀大)、『呂氏春秋』(香川大)など
    〈歴史的文章〉
    21『資治通鑑』(神戸大)、17『後漢書』(新潟大)など
    〈詩〉
    20『白氏文集』(岐阜大)など
    〈言行録〉
    『貞観政要』(静岡大、大阪市立大)など